WE LIFT WEIGHTS

  • 第10回目:ウエイトニュース~IWF会長の解任?東アジア選手権

    February 17, 2020 by

    https://weliftweights.net/wp-content/uploads/2020/02/Episode-10-Weight-News.mp3Podcast: Play in new window | DownloadSubscribe: Android | Email | Spotify | RSSお久しぶりです!We lift weightsのジャンボです!今回はウエイトニュースということでウエイト界の最近のニュースを話しました。ウエイトニュースは定期的にアップロードすることができればいいなと思います。 あと、近いうちにTシャツを出す予定です! もしこのポッドキャストいいね!と思いましたらツイッターやインスタグラム等で共有よろしくお願いします!We Lift Weights重量挙げポッドキャストはSpotify、iTunes、YouTube等で聞くことができます。もしよければフォローしてください!よろしくお願いします!

  • 第9回目:緊急エピソード~IWFの不正疑惑

    January 11, 2020 by

    https://weliftweights.net/wp-content/uploads/2020/01/Episode-9-IWF-Corruption-202001010.mp3Podcast: Play in new window | DownloadSubscribe: Android | Email | Spotify | RSS今回は緊急エピソードとしてIWFの不正疑惑について話しました今回の内容の主なトピックは: IWF不正疑惑をテーマにしたドキュメンタリーの概要 子供ドーピングの問題 スポーツの腐敗について ウエイトリフティングとドーピングの関係 ウエイトリフティングは2024年まで残るのだろうか 記事の方を読んでみたい方はこちらを見てください。 もしこのポッドキャストいいね!と思いましたらツイッターやインスタグラム等で共有よろしくお願いします!We Lift Weights重量挙げポッドキャストはSpotify、iTunes、YouTube等で聞くことができます。もしよければフォローしてください!よろしくお願いします!

  • 国際重量挙げ連盟の不正疑惑:ドーピング隠蔽と金銭授受

    January 10, 2020 by

    先日ウエイトリフティング界で大ニュースが報道されました。1月5日にドイツの公共放送ARDが国際重量挙げ(IWF)の不正疑惑をテーマにしたドキュメンタリーを放映しました。日本のニュースでも取り上げられ、現在日本のウエイトリフティング関係者の間でも大きな話題となっています。 ヤフーニュース↓ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000013-jij_afp-spo ARDはドイツの報道ステーションです。今回のドキュメンタリーを制作したのは2015年にロシアの国家ぐるみのドーピング隠蔽工作について調査したハイオ・ゼッペルト(Hajo Seppelt)氏をはじめとする記者陣になります。 もちろん私はドイツ語がしゃべるわけではないのでネット上に出回っている英語の記事とGoogle翻訳から得られる情報を元にこの記事を書いています。英語の記事を実際に読みたい方々は下記のリンクを参照してください。私が書いたこの記事は主にAll Things Gymのグレゴアー・ウィンターが書いた記事を基に翻訳されています。グレゴアーはドイツ人である上、英語もネイティヴレベルで話せます。彼の翻訳はかなり正確なものでしょう。 https://www.insidethegames.biz/articles/1088760/ard-programme-targets-weightlifting https://www.sportbusiness.com/news/ioc-expresses-concern-iwf-hits-back-as-ard-documentary-fallout-continues リフターの主君(Herr der Heber)ドイツの取材陣がIWFとドーピングを調査 主な不正疑惑 腐敗 隠し銀行口座 尿サンプルの操作 縁者びいき 詐欺 子供のドーピング 国際オリンピック委員会(IOC)はドキュメンタリーで使用された文書等の存在を知っていたのにも関わらず見て見ぬふりをしていた。 ウエイトリフティングでは2000年以降700件のドーピングスキャンダルがあった。(公開された分) 2018年までの過去10年分の尿や血液サンプルが何ヵ月にも渡って解析された。(サンプルの数は16000) 2008~2017の間に540個のメダルが受賞されるが、メダル受賞者のほぼ50%がドーピング検査を受けていなかった。 メダルを受賞したロシア人の2/3が検査されていなかった。 IWFはトレーニング期間中のドーピングには目をつぶっていた。 バトゥミで行われた2019ヨーロッパ選手権 ARDはドーピング検査官と連絡を取る 彼らの資料によるとラシャ・タラハーゼはリオ五輪前と2015世界選手権の前のトレーニング中に検査を受けなかった。 タラハーゼは2013年にドーピングのため2年間出場禁止になったが、禁止期間中に検査を受けることはなかった。 ジョージアの関係者等はこれらの内容は正確ではないと主張。 ARDはハンガリー反ドーピング(HUNADO)検査官の取材を試みたがカメラの前で話すことを拒んだ。 ブダペスト IWFは基本的にHUNADOを採用している ドーピング検査の77%はHUNADOが実施している 世界選手権でもHUNADOが採用されることがほとんど ただ、ヒューストンで行われた2015年世界選手権にては米国反ドーピング(USADA)が採用された USADAの会長であるトラビス・タイガート(Travis Tygart)によるとIWF側から抵抗があったとのこと IWFはドーピング検査を「経験のあるHUNADO検査官」に任せたいと主張した USADAが選手たちのホテル部屋を確認したところ、注射器が幾つも発見された ヒューストンでは24件のドーピング違反が発覚した シュヴァルツヴァルト、ドイツ ARDはドイツの元代表コーチであるオリバー・カルソ(Oliver Caruso)を取材した。カルソは1996年五輪の銅メダリストでもある。 カルソはとあるモルドバ人との会話内容を教えてくれた。 ドイツでドーピング検査を偽装することは不可能だが、モルドバでは60USドル(6,500円相当)で国内検査を偽装することができるとのこと。200USドルを支払えば国際試合での偽装も可能だと述べた。 カルソが話した人物はモルドバチーム専属の医師であるドリン・バルムス(Dorin Balmus)だとARDの調査で判明した。 モルドバ ARDは正体を伏せてドリンと対談した ARDは西ヨーロッパから来た重量挙げ選手の専属マネージャーのふりをする ドリンは「我々はハンガリーの検査官に検査された」と述べる ドリンによると:検査官が来た時には選手たちのそっくりさんを準備する→そっくりさんのクリーンな尿と引き換えにお金を支払う→検査官達にはパスポートを細かく確認しないようにお願いしてお金を渡す ケルン、ドイツ… Read more

  • おまけ回:最近のニュースと雑談 ~ワールドカップ、カタールカップ、これからのWe Lift Weights

    January 10, 2020 by

    https://weliftweights.net/wp-content/uploads/2020/01/Episode-9-Happy-New-Year.mp3Podcast: Play in new window | DownloadSubscribe: Android | Email | Spotify | RSS皆さん明けましておめでとうございます!今回のポッドキャストはおまけ回になります。内容は以下の通りです ・最近のニュース・ワールドカップ:タオ選手とシャオジュン選手・カタールカップ:ロスタミVSメソハソナ・ロシアはオリンピック出れない・今後のWe Lift Weights と言いましても主に雑談が多いエピソードになりました。今回はスペシャルゲストもいなかったし、カジュアルに典大くんとおしゃべりしている感じです。しかも過去最長のエピソードです!(笑)通勤/通学で暇な時や寝れない時にでも聴いてください! もしこのポッドキャストいいね!と思いましたらツイッターやインスタグラム等で共有よろしくお願いします!We Lift Weights重量挙げポッドキャストはSpotify、iTunes、YouTube等で聞くことができます。もしよければフォローしてください!よろしくお願いします!

View all posts

Follow us on Instagram! https://www.instagram.com/we_lift_weights/


Follow me on Twitter!
https://twitter.com/WeWeights

Follow My Website!

Get new content delivered directly to your inbox. Don’t miss out on our updates!